KAMEYAMA TRIENNALE

EN

NEWS

2016.10.9亀山トリエンナーレ2017参加作家決定

亀山トリエンナーレ2017参加作家一覧

浅野言朗、天野入華、伊賀上良太/伊賀上浩美、池上太郎、市ノ澤萌々子、伊藤廉、伊藤明淑、 稲垣美侑、〈/n〉、上田佳奈、占部紗也香、榎本奈々子、MIWAEL、大岡英介、おおたはるか、 冨永敬と増田雄太と大西拓人、岡本優希、Ka Ena、A(c)、加藤史江、 宙宙、北村章、daisaku、北村拓之、木全靖陛、クボタマミ、千秋、日々工作隊(小玉一徳・桑原宏明)、 Natsuki Kohatada、櫻井大吾、鮫島弓起雄、KAO'RU、渋田薫、清水藍、生、菅尾博司、 吉田葵、鈴木雅明、Picture、 Sam Stocker、武井琴、竹之内佑太、田島悠史、田中七星、 鶴田功生、寺澤静、内藤久嗣、中尾広道、中屋一如、諸川もろみ、吉永蛍、成田敬、れな、橋本次郎、 濱口新平、平井孝典、廣瀬加乃、深尾尚子、藤村憲之、藤原史江、Kakuta Takuya、ホリタイキ、本間 メイ、Akariya、matsuoka-needle-company、 落合有紀、見掛理之、三木みどり、Kei Minoura、宮嵜浩(BOMBRAI WEST)、Maigorock(JUST ART PROJECT)、 Hiroshi Mehata、ゆうすけ、森博幸、森本紗月、柳哲也、山路慎也、山田悠、山田風雅、守屋友樹と和田ながら、 CHIE、norton、Omar Torres、Hector Falcon、Megu Fukuda、Linda Dennis、 井谷うらん、市川雄康、伊藤龍彦、倉岡としえ、倉岡雅、CAKE-HARA、田村公男、堂本清文、長縄功太郎、 藤田昌久、森 敏子、小坂洋一、中島世津子、松本善造、加藤涼子、寺本美穂

マップを片手に候補会場を三々五々めぐる参加アーティストたち。

亀山トリエンナーレ2017。
その事前準備として参加予定アーティスト94組を対象とし、2016年10月9日に現地説明会とアートディスカッションを開催しました。
展示候補場所は民家、商店、市指定の文化財など。マップを片手に候補会場を三々五々めぐる参加アーティストたち。

KAMEYAMA TRIENNALE 2017 which will be held in next fiscal year As the preparation, field briefing and art discussion were conducted on October 9, 2016 directed at 94 groups of artists that are planning to participate. Nominated places for exhibition are private houses, stores and cultural resources designated by Kameyama City. Artists were walking around nominated places by twos and threes with map on their hands.

ディスカッション

アートディスカッションではトリエンナーレを監修する井上隆邦氏が「会場となる民家や商店にはさまざまな歴史と思い出が沈潜している。こうした空間に非日常的な作品を持ち込むことで予想もつかない化学変化を起こしてほしい。」 と激励。かって、亀山トリエンナーレに参加したアーティスト、ホリタイキ、稲垣美侑、Cake-Haraの三名は自らの作品を示しつつ、展示の際の苦労話や近況報告を行った。

In art discussion, Mr. Takakuni INOUE who supervises TRIENNALE encouraged as follows: "In the private houses or stores, various histories and memories are sinking to the depths. I expect that artists will operate unexpected chemical reaction by bringing extraordinary pieces of work into these kinds of spaces." Three artists, HORITAIKI, Miyu INAGAKI and Cake-Hara who participated KAMEYAMA TRIENNALE formerly talked about hardship in the exhibition and updated their lives with exhibiting their own works.